キャラクター

【制作事例】『浦和どっとサイト』イメージキャラクター制作の裏側

浦和どっとサイトイメージキャラクター ツキ

こんにちは、半農半絵イラストレーターの(@icemammy)です。

「浦和をどっと盛り上げる!」がキャッチフレーズのさいたま市浦和区の情報サイト『浦和どっとサイト』さんのイメージキャラクターうさぎの「ツキ」と「ウラ」を制作しました。

浦和どっとサイトのキャラクター制作の裏側

うさぎのキャラクター「ツキ」と「ウラ」

こちらが制作したキャラクターの「ツキ」と「ウラ」です。キャラクター制作の裏側をちょっとご紹介します。

ご依頼はうさぎのキャラクター

浦和と言えば、キャクター界のレジェンド、やなせたかし先生の「浦和うなこちゃん」という重鎮キャクターをまず思い出します。こんな大物キャラがいる地でキャラクター制作なんて光栄です。

 

浦和うなこちゃん ©️やなせたかし

 

JR浦和駅10分ほどの所にある調(つき)神社がキャラクターの発想の由来の地です。実はこの神社、うさぎにまつわるめずらしい神社ということで人気の観光スポットなんです。

その調(つき)神社のシンボルのうさぎから発想を得て、うさぎのキャラクターをご希望されたそうです。

現地取材に行ってイメージを膨らませる

神社の情報集めるために実際に調神社に行きました。

見てください。狛犬のいる場所にうさぎがいます。とっても珍しいですよね。

さいたま市浦和区 調神社 狛うさぎ

アイデアスケッチ作成

頭に浮かんだアイデアを何も考えないでどんどん紙に写し取っていきます。

アイデアスケッチ アイデアスケッチ

ラフ案3案ご提案

私はラフ案をご提案するときは3案お出しすることを心がけています。

アイデアスケッチ

今回もアイデアスケッチの中からピックアップした3案をご提案しました。

方向性が違う3案を出すことでお客様の求めるものが何かを探るきっかけにもなります。

どんなコンセプトなのか説明を書き添えます。完成段階ではコンセプトが凝縮して自然に滲み出るようにしなければなりません。

今回ご提案した3つの案のコンセプト

A案は「和のテイストを活かしたキャラクター」

発想の元になった神社に寄った案です。和風の大人しいテイストなので、嫌われないけれども印象も薄くなるのが欠点。

B案は「表情ゆたかなゆるキャラテイスト」

ちょっとダメな感じのゆるいキャラは親しみがもたれるので、世の中でも人気があります。

私のイチオシはこの案でした。

C案は「かぶり物のキャラクターとツッコミ役の相棒キャラ」

ちょっと毒舌なキャラとツッコミ役の相棒キャラの案です。掛け合いができるのがメリットです。

挑戦的な案はインパクトがあっても、顧客の本来の要望とは離れているので、受け入れてもらえるかどうかは難しいところです。

決定したキャラクター案

打ち合わせした結果、3案のいいとこ取りをすることになりました。

浦和どっとサイト公式キャラクター スケッチ

描きおこしたスケッチB案のゆるキャラをメインにして、C案の相棒がいて掛け合いができるコンセプトがドッキングしました。ちなみに今回は相棒ではなく双子のうさぎ設定になりました。調神社の要素がなかったので、仕上げの際にキャラクターの胸に三日月を入れ込んでみました。

そして出来上がったのが、うさぎの「ツキ」と「ウラ」2匹のうさぎのキャラクターです。

 

 

今回使用したソフトはAdobe Illustratorです。シンボルマークやロゴなど視認性が高いものが出来上がります。

キャラクターに表情をつける

キャラクターに表情をつけると、キャラクターに命が吹き込まれます。

 

いいねしている「ツキ」と「ウラ」いいねしている「ツキ」と「ウラ」

 

浦和どっとサイトキャラクター 表情パターン

泣いたり、わらったり、怒ったりすると、ただの絵なのに少し生き生きしてきます。

デフォルメしたキャラクターなので、頭でっかちで体が小さいのですが、あえて手は大き目に描いています。顔の表情の次に手も感情を表しやすいパーツなので、手を強調するとキャラクターの表現力が増します。

このように自由にメリハリをつけて表現が出来るのがイラストのメリットです。

キャラクター制作のご依頼は

キャラクター制作のお問合せ・ご依頼はこちらからお願いします

ABOUT ME
まみさん
半農半絵 草をこよなく愛するイラストレーター